タイタニック号沈没とルシタニア号沈没の決定的な違い

Posted by 砂鉄 on 4月 24th, 2010 filed in Podcast, Quark & Co.

2010/04/28 放送のQuarks & Co. で興味深い事実に触れられてたので抜粋意訳。
[Tödliche Gefahren - Warum manche Menschen trotzdem überleben]
(死の危険 – なぜ人はそれでも生き残るのか)
http://www.wdr.de/tv/quarks/vodcast/
上記URLからPodcastのMP4の動画ファイルがダウンロードできます。
(古くなると消えます)

客船の沈没事故で救助ボートが足りなかった大きな二つの事件がある、「タイタニック号沈没」と「ルシタニア号沈没」この二つの事故の大きな違いは沈没までの時間である。
タイタニックには3時間近くあった時間がルシタニアには18分しかなかった。 そして面白いことに沈没までの時間が長ければ人は極限状態においても社会的な振る舞いをすることがわかっている。 つまり「女と子供を優先して救助ボートに乗る」という社会的な約束が守られることになる。事実タイタニックを生き延びた女性は男性よりも53%も高い。

ところがルシタニア号沈没のように判断するまでの時間がなかった場合は単純に生物的に強い、つまり若く強い者が生き残ることになる。実際の記録によるとルシタニア号では男性が女性よりも1%多く助かっている、とのこと。

はてなブックマーク - タイタニック号沈没とルシタニア号沈没の決定的な違い

Leave a Comment