13日の金曜日の由来

Posted by 砂鉄 on 4月 21st, 2010 filed in Galileo, Podcast

13が嫌われる理由

Galileo [2010-04-14] Zahlenquiz
http://pro7-galileo.feedplace.de/post/zahlenquiz/
13という数字が不吉とされるのは1307年10月13日にテンプル騎士団の一斉殲滅が行われた事を起源とする、とのこと。

テンプル騎士団 – Wikipedia

1307年10月13日[1]、フィリップ4世はフランス全土においてテンプル騎士団の会員を何の前触れもなく一斉に逮捕。異端的行為など100以上の不当な罪名をかぶせたうえ、罪を「自白」するまで拷問を行った。異端審問において立ち会った審問官はすべてフランス王の息のかかった高位聖職者たちで、特権を持ったテンプル騎士団に敵意を持つ人ばかりであった。騎士団は異端の汚名を着せられ、資産は聖ヨハネ騎士団へ移すこと、以後の活動を全面的に禁止することが決定された[2]。

日本のWikipediaによると13日の金曜日の起源が何であるかは意見がわかれるということだけど、ドイツのWikipediaでは「恐ろしい事件」が13日の金曜日に初めて起こったのはこの日であると記述されているみたい。 あくまで初めて歴史的な惨事が13日の金曜日に起こった日であって「起源」としては確定していないのかな。
http://de.wikipedia.org/wiki/Freitag,_der_13.#Der_.E2.80.9EFreitag_der_13..E2.80.9C_in_der_Geschichte

13という数字が存在しないところ

このように特にヨーロッパでは13という数字が忌み嫌われているため、飛行機の座席にも13番という数字が飛び番になってる事が多いらしい。 さらに17を忌み嫌う文化もあるため17番も抜けていることが多いのだとか。

素数は忌み嫌われる?

13も17も奇しくも素数。 ひょっとしたら「1と自身意外の数字では割り切られない」という素数の性質を集団での分配や協力に支障ときたすために潜在的に人は嫌うのかもしれない。
おもしろいのは素数の年ごとにのみ大量発生する素数ゼミも13年ゼミと17年ゼミだ、何か面白い関係性が見いだせそう。

はてなブックマーク - 13日の金曜日の由来

Leave a Comment