「ノミを耳に入る」

Posted by 砂鉄 on 10月 19th, 2011 filed in 熟語

ドイツ語で “jemandem einen Floh ins Ohr setzen(ノミを耳に入る)” という熟語を辞書で引くと「〇〇にはかない望みをいだかせる」と出てるんだけど、何でこんな意味になってるかさっぱりわからなかったので調べてみた。

とりあえず独々辞典の定番の Duden で引いてみたら

*jmdm. einen F. ins Ohr setzen (ugs.; jmdm. einen Gedanken, einen Wunsch eingeben, der diesen dann nicht mehr ruhen lässt);

ふむふむ、「誰かに頭から離れない考えや願いを与える。」と言った感じの意味なのね。 だいぶわかりやすくなった。

つまりモンスターでヨハンがミローシュにしたような行為のことなわけか。

語源

語源も調べたかったからもうちょっと調べたらドイツ人同士が話してるのが見つかった。

Die Wendung meint, dass man einem Menschen etwas mitteilt, was ihn – wie ein Floh – beunruhigt, peinigt, nicht mehr loslässt.
Quelle(n):
DUDEN
Redewendungen und sprichwörtliche Redensarten

from http://de.answers.yahoo.com/question/index?qid=20070626030206AADNH1R

なるほど、ノミが耳に入った時のように頭から離れずに苦しめるからこんな表現になったわけね。

よく見たら引用元Dudenになってるね。 慣用句専用のDudenあるのか。 買おうかな…。

はてなブックマーク - 「ノミを耳に入る」

Leave a Comment